書讀む月日

天々座しゅうの日記ブログです。

令和3年のまとめーー生活と演奏を中心にーー

f:id:schumannian:20211231165940j:plain

学位記伝達式


3月に15記事を書いただけで更新を途絶えさせてしまったが、今日から再開していこう。

3月から12月末までのあらすじと総評

出来事

3月:仙台から地元に戻る。学位記伝達式に志願して専修代表となって出席。復活交響楽団の初練習。

4月:大手就労移行支援施設の体験通所に挑むも1日でノックアウト。朝起きて長時間電車に乗るのがダメだった。

5月:個別指導塾講師のバイトを始めるも2日やってノックアウト。

6月:特になのもないが梅雨でノックアウト。

7月:「真夏の第九」という企画オケに参加。41歳になりました。

8月:第九の本番とか。アフター復活交響楽団のためにとあるアマオケに参加。

9月:復活交響楽団公演中止・延期。在宅支援可能な就労移行支援事業所を探し、利用を申し込む。オケは休みがち。

10月:事業所の体験利用をし、契約。

11月:事業所利用開始、Adobeのアプリの使い方を学び、Webデザイナーないしはグラフィックデザイナーになるための勉強などをする。

12月:弾けないことからの負い目や、他の団員が社会生活をきちんと営んでいるなかで参加していることへの引け目で8月末に参加したアマオケを退団。中旬から活動を開始するオケも参加辞退。

総評

できないづくしだったね。しかしながら、Adobe Illustratorの使い方もだんだんできてきてるし、来年はできることを増やせるに違いない。

音楽

震災にもコロナにも負けないぞ!コンサート

ichigokko.org

という企画が去年10月からあって、今年1月末日に本番があった。卒論や障害年金の手続で心をすり減らして11・12月の練習を休み、1月中旬の練習には参加辞退の連絡をして休んだ。その日の夕方に電話がかかってきて、「気分転換にもいいよ」ということで辞退を思いとどまるよう説得された。

結局、指揮者が見る練習への参加は本番前日の回だけになってしまい、曲のさらいも不十分。席は6曲中2曲をコンサートマスターを務めることになっているのをそのときに知った。J .S.Bach:主よ、人の望みの喜びよ で落ちてしまう不甲斐ないコンマスで申し訳なかった。

f:id:schumannian:20211231172848j:plain

コンマス席(立奏)
真夏の第九

精神的に不安定で練習ができてないのはこの1年ずっと変わらず、第九だってそうだった。一緒に弾きたくない人がいるので来年からはスルー。

f:id:schumannian:20211231173051j:plain

杉並公会堂はいいホールでした。

来年どうする?

生活

23時就寝〜7時半起床の生活をするために色々と厳しく制限しなければならないね。運動もしよう。習慣的な楽器練習も、事業所の在宅支援昼休憩中にやればいいよね。

音楽

演奏

マーラー:復活を隅から隅まで弾けるようにしよう。また、自主練習で音階教本(山岡耕筰著)とエチュードをしっかりと。

演奏会通い

とりあえずチケットを買ってしまった分はちゃんといこう。そのために丁寧に生活することだ。

 

 

来年もよろしくね。